作業療法を知りたい方

作業療法を知りたい方

作業療法とは

身体又は精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療、指導及び援助を行うこと。

     (社)日本作業療法士協会

つまり…

人が病気や障害によって生活・活動が困難になった際に、どのような人生を歩んでいくかを共に考え、作業活動を通して必要な機能・能力の改善、暮らし方の工夫を図るリハビリテーションです。

身体障害の作業療法

病気や事故によって身体に何らかの障害を持ち、日常生活動作や仕事などが困難になった際、再びその方らしい生活が行える様、様々な作業活動を通して治療・援助していきます。身体機能面の向上を図るだけでは無く、その方の能力を最大限に発揮出来る様、日常生活動作の指導や福祉機器・自助具の適応なども行います。主な対象疾患は脳卒中・パーキンソン病・リウマチ・脊髄損傷・手の整形疾患などです。

精神障害の作業療法

精神科の作業療法は精神疾患により障害をもった方々に対し、個別あるいは他の人たちとの関わりや、具体的・現実的な作業活動を利用し、精神機能の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善などをはかり、その人にとってよりよい生活が送れるように指導・援助を行います。対象疾患は、統合失調症、そううつ病(うつ病)、神経症圏、アルコール・薬物依存症、摂食障害、人格障害、認知症、高次脳機能障害、広汎性発達障害などです。実施施設は、精神科病院(精神科デイケア含む)、共同作業所などです。

発達障害の作業療法

発達領域の作業療法は、発達期に何らかの問題・障害を抱えている子ども達に対して、遊びなどの日々の暮らしの様々な活動(=作業活動)を手段として、子どもの発達課題(感覚・運動機能、日常生活技能、学習基礎能力、心理・社会適応など)について、将来につながる暮らしを考慮した治療を展開します。また、たとえ障害があっても家庭や学校、社会で生き生きと暮らしができるように指導・支援を行います。

老年期障害の作業療法

様々な人生を歩まれてきた方(高齢者)が、加齢や病気に伴い自身だけでは生活・活動がやり遂げられなくなった際に、どのような生活を送っていきたいか、どのような人生を続けていきたいかを共に考え、支援していきます。

このページのトップへ