作業療法を知りたい方

発達障害の作業療法

発達障害の作業療法

発達領域の作業療法は、発達期に何らかの問題・障害を抱えている子ども達に対して、遊びなどの日々の暮らしの様々な活動(=作業活動)を手段として、子どもの発達課題(感覚・運動機能、日常生活技能、学習基礎能力、心理・社会適応など)について、将来につながる暮らしを考慮した治療を展開します。また、たとえ障害があっても家庭や学校、社会で生き生きと暮らしができるように指導・支援を行います。

このページのトップへ