作業療法を知りたい方

精神障害の作業療法

精神障害の作業療法

精神科の作業療法は精神疾患により障害をもった方々に対し、個別あるいは他の人たちとの関わりや、具体的・現実的な作業活動を利用し、精神機能の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善などをはかり、その人にとってよりよい生活が送れるように指導・援助を行います。対象疾患は、統合失調症、そううつ病(うつ病)、神経症圏、アルコール・薬物依存症、摂食障害、人格障害、認知症、高次脳機能障害、広汎性発達障害などです。実施施設は、精神科病院(精神科デイケア含む)、共同作業所などです。

このページのトップへ